FC2ブログ
HOME

7.5kWリチウムイオンバッテリーシステム(リーフ)をメルセデス・ベンツ トランスポーターに搭載

7.5kWリーフバッテリーシステム2号機の取付完了です。
今回搭載した車両は、「メルセデス・ベンツ トランスポーター T1N 313CDI OMC ツインズ」で、レアでマニアックな雰囲気がグッドなバンコンバージョン。
DC1kW/hrと大喰らいのルーフエアコンから家庭用エアコンに換装する事前準備としてリーフバッテリ-の搭載を行いました。

DSC_0211(1).jpg
メルセデス・ベンツ トランスポーター T1N 313CDI OMC ツインズ 5.65mx1.9mx2.78m

DSC_0218.jpg
リヤベッド下バゲッジルーム中央に搭載で、車軸前方となり重量バランスもOK。

DSC_0219.jpg
縦置きバッテリーBOX&横付け3000Wインバータ。

DSC_0222.jpg
走行充電用に可変電流充電器(赤色)。
12V250W正弦波インバータで走行充電4A230W充電の設定。

DSC_0217.jpg
ルーフエアコンの消費電力DC1000W・AC1350W。

メッセンジャーで行った打ち合わせ通り、リヤダブルベッド下にピッタリと収まりバゲッジ容量の減少も最小限に抑えることが出来て喜んでいただけました。これで2歳半の娘さんを連れての夏休みキャラバンも快適になることでしょう。
遠路遥々お越しいただきありがとうございました。

スポンサーサイト



訪問ありがとうございます。 ポチっとして頂けると幸せです♪
にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ   にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

7.5kWリチウムイオンバッテリーシステム(リーフ)2号機の作製

前回の30kW後期型リーフバッテリーでバッテリーBOX作製に引き続き、2号機となる7.5kWリーフバッテリーシステムの作製を行った。

DSC_0134.jpg
今回のリーフバッテリーBOXの搭載方法はバゲッジスペースへの縦置き設置。

DSC_0157.jpg
デバイスやトランクハンドルもそれに合わせ縦置きに取り付け。

DSC_0161.jpg
インバータはバッテリーBOXに横付け。サイズ的にもマッチングはグッド。

flir_20190721T070815.jpg
充電テスト中の赤外線画像。

Screenshot_20190717-014501.png
新しい1.5kW充電器にて20A・1200Wで充電テスト。

190715162042.jpg
定電力GTIにて放電テストを行ってバッテリー容量の確認。バッテリー容量7.6kWを確認。

flir_20190725T185716.jpg
3000Wインバータにて家庭用エアコン及び電気ポット同時使用にて放電テストを行う。

DSC_0207_201909041026277f0.jpg
DC2.2kW AC2.5kWで安定動作を確認。

リーフバッテリーシステム仕様
《バッテリーBOX》
〇Li-ionバッテリー:後期30kWリーフバッテリー2P14S 52.5V 残容量7.5kW サイズ:510x380x250 重量約60kg
〇BMS : スマートBMS(Bluetoothモジュール内蔵) android・iOSスマホアプリで設定可能
〇DCブレーカ63A
〇100A対応ワイヤレスワットメーター
〇外付けUSBコネクター
〇バッテリー残量メーター

《インバータ》
〇MEANWELL TN-3000-148A 転送スイッチ付き3000Wサイン波インバータ(6A/AC充電器・30A/DCソーラー充電器内蔵) サイズ:466.8×283.5×100mm (L×W×H) 重量:12.9㎏
〇リモコン : IRC3リモコン付属
〇バッテリー接続ケーブル14sq 60cm

参考システム価格 ¥400k~¥450k


訪問ありがとうございます。 ポチっとして頂けると幸せです♪
にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ   にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

7.5kWリチウムイオンバッテリーシステム(リーフ)をHYMER ML-I570 60thに搭載

前回のブログで30kW後期型リーフバッテリーでバッテリーBOX作製を行い大容量7.6㎾のリチウムイオンバッテリーシステムが完成。
早速依頼を受けていた車両に取り付けを行うことに。

DSC_2323.jpg
今回のリーフバッテリーシステム搭載車両は、HYMER ML-I570 60th Anniversary Model。
ハイマー車だけに装備することが許されたメルセデス・ベンツエムブレムが大きく輝くインテグレイティッドボデイのML-I570。
憧れのFRベースのHymermobil B-Classは、Anniversary yearのみに生産が行われる限定車両60周年モデル。

DSC_2324.jpg
打ち合わせはオーナーさん多忙の中、道の駅「笠岡ベイファーム」にて行い、電工持ちのオーナーさんに電気工事のほとんどをお願いしたため、打ち合わせは結局2,3時間で終了。

DSC_0036(1).jpg
打ち合わせから2週間後には自宅近くまで来てもらい取付工事を行った。

DSC_2330.jpg
今回搭載のシステム。
7.5kWリーフバッテリーBOX・転送スイッチ・AC6A/DC30A充電器付き3000Wインバータ・走行充電共用0~12A可変電流充電器

DSC_0002 (2)
インバータの低電圧遮断電圧設定やBMSとの相性設定。その他、充放電テストを入念に行う。

flir_20190616T144809.jpg
最終的には大電流充放電時の発熱テストを終えて完成。

DSC_0029.jpg
今回はポータブル冷蔵庫など用に、オプションの低電圧遮断ユニット付き48V⇒13.8V/ 20A DC/DCコンバータも受注。

20190626185700093.jpg
さらに、36V系ソーラーパネル出力を昇圧型ソーラーチャージコントローラーで52.5VLi-ionに充電システム変更。

DSC_0031(1).jpg
リーフバッテリーシステムの搭載場所は、リヤツインベッド下収納庫をオーナーさんDIYで作製の収納棚。

DSC_0033.jpg
インバータの排熱をリヤガレージへ行うため下から、インバータ・リーフバッテリーボックス・充電器・DC/DCコンバータ・チャージコントローラを収納。私が行ったのは各機器の配線及び電気工事、調整のみ。

DSC_0037(1).jpg
当日は、沢山の?ギャラリーにも集まっていただき楽しく作業をすることが出来ました。

1565080757343.jpg
そして、取り付け工事から3週間後オーナーさんから送られてきたのは、DIYによるリチウムイオンバッテリーシステム集中コントロールパネルの写メ。

このHYMERには、車両標準装備のAGM190Aサブバッテリーシステム及びルーフトップ家庭用エアコン用オンリースタイル製2.5kWLifepo4サブバッテリーシステムが搭載済みで、今回それに追加装備する形となりました。他にもポータブルバッテリー2台があり、それぞれ独立したサブバッテリーシステム搭載車両となり、合計13.5kwの大容量サブバッテリーシステムは正にキングハイマーの様相となりました。




訪問ありがとうございます。 ポチっとして頂けると幸せです♪
にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ   にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

30kW後期型リーフバッテリーでバッテリーBOX作製

前回の後期型リーフバッテリーの解体で取り出した後期30kWリーフバッテリモジュールだが、後期24kWモジュールと違い2パックが1ユニット構成にモデルチェンジされていて直列接続しかできない。組み換え可能かどうかの確証はなかったが、組み立てできたものは分解もできると信じてトライしてみることにした。

DSC_2218.jpg
左:組み換え後の並列仕様       右:組み換え前の直列仕様

DSC_0078.jpg
殻割し向きを反転させ組み直し並列接続仕様に変更。

DSC_2221.jpg
7組のバッテリーユニットを組み直し、2P14Sの構築に成功。

DSC_2241.jpg
箱詰めの後は、BMS・ワイヤレスワットメータ・DCブレーカなどのデバイスの組み込み作業。

DSC_2282.jpg
後期30kWリーフバッテリーBOXの完成。サイズ:250x380x500 重量:60kg

DSC_2250.jpg
気になるシステム残容量測定は、定電力放電GTIでAC610W/DC745Wを連続放電。変換効率は約82%。

DSC_2263(1).jpg
その結果10時間かけて、なんと驚きの7.6kW越えΣ(・□・;)
30kWリーフバッテリーモジュールの定格容量はおよそ81Aのところ73Aの残容量を確認。約90%の残容量と言うことでフルセグ相当となる残容量となりました。



訪問ありがとうございます。 ポチっとして頂けると幸せです♪
にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ   にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

後期型リーフバッテリーの解体

またまたリーフバッテリーネタ。使い勝手の良い1ユニット型の中期後期リーフバッテリーは球数不足から手に入りにくい状態。特に中期リーフバッテリーは低年式化で走行距離もそれなりに延び、残容量の期待も出来なくなってきた。そこで今回30kW後期型リーフバッテリーを手に入れて検証を行うことにした。

DSC_2204.jpg
届いた後期型リーフバッテリー。外観は中期型リーフバッテリーと差がない。
後期型30kWリーフバッテリーは単純計算でも24kW/30kW=1.25倍の残容量が期待できる。と言うことは、2P14Sで作製できれば11セグ中期の5.5kWが6.8kWに化ける可能性が大。


DSC_2210.jpg
殻割すると2並2直x2ユニット化されたバッテリーモジュールが出現

DSC_2214.jpg
初期型・中期型では24モジュールだったものが2ユニット化で12モジュールに減少。
この12モジュールユニットでDC180V 14.4kW

DSC_2218.jpg
こんな感じで組みなおせば2P14Sも何とかなりそう。




訪問ありがとうございます。 ポチっとして頂けると幸せです♪
にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ   にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
プロフィール

Take15

Author:Take15
Take15'sブログへようこそ!
シビリアンバスベースのセミフルコンROOTS5.9ORIGINALでキャンピングカーライフを楽しんでいます。
ルーツでのお出かけやDIYなど、いろいろと紹介していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリ
快適化 & DIYインデックス
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
にほんブログ村人気ランキング
キャンピングカー情報ならココ。 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
 ↑ ポチッとお願いします。
リンク
全記事表示リンク
RSSリンクの表示
Yahoo!ニュース
天気予報ch
楽天アフィリエイト!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村