FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  快適化&DIY  »  サブバッテリー交換はAGMがベター!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訪問ありがとうございます。 ポチっとして頂けると幸せです♪
にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ   にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

サブバッテリー交換はAGMがベター!

 サブバッテリーラックの作製とサブバッテリー交換でDIYしたサブバッテリーラックに積載可能なサイクルサービスバッテリーを調べていくとEB130が最大となる。しかし、総高が高くなる上に液栓の配置が補水作業に不利になるのが悩むところ。

現サブバッテリーラックに収納可能なサブバッテリー一覧
バッテリータイプGSユアサ
EB100
GSユアサ
EB130
oriental
OPC12-150
O'cell
LiFePO4-100A
電圧[V]12121212.8
20時間率容量(A)125162.5160.8-
10時間率容量(A)--150.0-
5時間率容量(A)100130131.6-
3時間率容量(A)--119.3-
1時間率容量(A)6584.596.9-
充電電流 開始(A)23294580
充電電流 終末(A)8--
サイクル寿命(回)70%放電6506504502000
サイクル寿命(回)50%放電8008006502000
実用放電電力容量0.2C(W)840109211051152
最大放電電流(A)--1500A/(5秒)
3.8C(連続)
200(0.4s)
80(連続)
充電電圧(サイクルユース)(V)14.814.814.4~15.014.6
長さ(mm)409504483260
巾(mm)173182170157
箱高(mm)212212238.5-
総高(mm)244258238.5245
体積(㎥)0.01720.02370.01960.0100
質量(kg)34.545.543.514.5
補水必要必要不要不要
市場価格(千円)29.554.530170

上の表にそれぞれの特徴をまとめてみると、実用放電容量でのサイクル性能は5倍以上と圧倒的にリン酸鉄リチウムに軍配が上がるが、重量比で1/3、体積比で1/2程度とそれほどでもない。一方価格は5倍以上とサイクル性能にコストの多くがかかっている計算になる。車齢が12年を超える我が家のROOTSでは無駄な投資となってしまうためリン酸鉄リチウムイオンバッテリー化は見送ることにした。
4代目のサブバッテリーはどれにする?での計算ををもとに現在使用中のEB100を鉛バッテリーで容量アップするとなるとサイクル性能が多少落ちるものの補水作業の手間が掛からず、サージ耐電力にも強いAGMディープサイクルバッテリーでGS YUASA SEB130 SEB150・FIAMM 12SPX150と互換性を謳うオリエンタルOPC12-150が最適だ。
OPC12-150なら今のサブバッテリーラックに装着可能なうえにEB100の1.3倍容量で131.6 AH/26.3 A (5HR 1.75V/cell 25℃)と高性能で価格も3万切りと言うことなし。

DSC_0868.jpg
購入したOPC12-150

P1070011.jpg
交換前のEB100×2台。4年半以上も優れたサイクル性能を発揮していたが、ここでお役御免

180719183157_201807191839033eb.jpg
購入後すぐに補充電を済ませ3日放置。装着直前の簡易性能試験では2台とも電圧13.1V、CCA値1108

DSC_0904.jpg
猛暑日の中、サイドオーニングを出して熱中症対策を行いながら作業を行う

DSC_0907.jpg
左図:交換前のEB100×2台 右図:メインバッテリー105D31Lx2

DSC_0908.jpg
EB100に比べて一回り以上大きいOPC12-150だが、バッテリ端子の位置はほぼ同じ高さ

00160001.jpg
EB100の重量34.5㎏に比べ9kg重い43.5kgを一気に持ち上げて水平に動かしながら収納するのには無理があるため、一旦ガーデニングカートに乗せ水平移動させて収納を行う。

DSC_0940.jpg
サブバッテリー装着終了。

DSC_0942_2018071918385893f.jpg
心配だった、バッテリーラックからのはみ出し量は35㎜で済んだが、2台で18㎏の重量アップの87㎏!


ROOTS12VDC回路図Rev23
AGM150A x 2台で263.2A(5時間率)、70%放電容量で12V184A=2.221kWのサブバッテリーに交換となった。
「脱ツインサブバッテリーのパラレル接続」のようにマルチチャージシステムの利点を最大限に生かし、普段はバッテリースイッチでシングル運用とし並列接続による相互充放電によってサイクル寿命の減少を保護。エアコンをバッテリー駆動させるなど比較的大電流放電時のみパラレル接続を行うことでサブバッテリーに優しい運用を続けていきたいものだ。
計算では、夏場の昼間だけだと480W ソーラー併用で5時間以上、夜間だけだとサブバッテリーのみで12時間以上停泊可能となる。また、長期キャラバンや天候不良時にもジェネレータを併用することでサブバッテリーの充電不足にも気を使うこともないため、ストレスの少ないキャラバンが可能になりそうだ。

以上、思いもよらぬ低価格でサブバッテリーの容量アップができ夏休みキャラバンが楽しみ。また、煩わしかったバッテリー液の補充作業(1回2L/年間3~4回)からも解放され一石二鳥。あとは、メジャーな商品ではないために耐久性が心配なだけとなった。











関連記事
スポンサーサイト
訪問ありがとうございます。 ポチっとして頂けると幸せです♪
にほんブログ村 アウトドアブログへ

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ   にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Take15

Author:Take15
Take15'sブログへようこそ!
シビリアンバスベースのセミフルコンROOTS5.9ORIGINALでキャンピングカーライフを楽しんでいます。
ルーツでのお出かけやDIYなど、いろいろと紹介していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリ
快適化 & DIYインデックス
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
にほんブログ村人気ランキング
キャンピングカー情報ならココ。 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
 ↑ ポチッとお願いします。
リンク
全記事表示リンク
RSSリンクの表示
Yahoo!ニュース
天気予報ch
楽天アフィリエイト!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。